0円転売とは?

今転売プレイヤーの間で密かに話題になっているノウハウ

それが0円転売です。

この手法の肝になるのは「商品の仕入れ方」です。

こちらの画像をご覧ください。

これらは全て0円転売のノウハウを使って仕入れたものです。

イヤホン、ドローン、掃除機、ドライブレコーダーなど、いろいろなジャンルの商品がありますが、実は0円転売で仕入れる商品は、「仕入れが0円」なんです。

物販の最大のリスクとは
物販の中でも、在庫を抱えるいわゆる有在庫転売の最大のリスクといえば「在庫を仕入れたけど売れない」というところにある”赤字になる可能性”です。仕入れるときに発生するお金、つまり仕入れ資金は転売をする上では絶対に避けて通れないものでした。売れてから仕入れる”無在庫転売”という、リスクの少ないビジネスモデルも流行してはいますが、どうしても販売プラットフォームの規約に触れてしまい、アカウント停止になるなど、現在は昔ほど稼ぎにくいという現実があります。

大前提として物販の原則は「安く仕入れて高く売る」こと。
0円転売はそれを究極にまで極めた形とも言えますね!

仕入れが無料になるとなくなる沢山のメリット
①売れなくてもリスクにならない
実際に仕入れを行うわけですが、本来売れなければ赤字になるはずのリスクがあります。しかし、仕入れが0円になることで帳消しになります。
②仕入れプラットフォームより安くしても利益が出る。
例えば、1,000円で仕入れた商品を900円で売ったら当然ながら赤字になります。しかしこの手法では、仕入れが0円なので1,000円相当の商品を900円で売ったとしても利益になります。売れ残りが極端に少なくなるイメージが湧きますよね!
③利益率が70%以上に!
1,000円で仕入れた商品がもし2,000円で売れたとします。
例えばメルカリで売れたとしたら、メルカリに販売手数料10%の200円が取られます。
さらに送料が、大きさや物によりますが平均500円かかります。
すると、2,000(売値)-200(販売手数料)-500(送料)=1,300
さらにそこから仕入れ費用の1,000円が引かれるので、実質利益は300円程になってしまいます。
これが仕入れ0円の場合は1,300円が利益になります。その差額は仕入れ資金の1,000円。比較すると4倍以上になります。
④最終手段として、自分で使える!
これは転売としてのメリットとは少し違いますが、もしどうしても売れない商品があった場合、もし自分で使いたいものなら使うのもアリです!逆の発想で、生活用品を0円で仕入れて節約する人もいるくらいです。もしくはリサイクルショップに持ち込むことも出来るので、在庫リスクは全くないと言っていいですね!
0円転売まとめ

  • 商品をモニターとして実質無料で仕入れられる
  • 仕入れた商品をメルカリなどで販売する
  • 無料で仕入れるから利益率が70%以上
  • 在庫リスクがないので初心者におすすめ

今すぐお申込み