0円転売で儲かる商品の特徴

通常の物販では基本的に仕入れ資金というものが存在しています。もちろん、仕入れには資金が必要で資金がないとその分利益も出せません。しかし、0円転売の名前のとおりほぼ0円で商品を仕入れてその商品を売る事で利益を出すところがこのノウハウの凄いところです。そこで0円で仕入れられるからと言って、その商品を安売りすることは一番の利益損失に繋がりことをこれから説明していきます。

0円転売をしていく上でのポイント
①商品価値が低いものをたくさん売るということはできる限り避ける
10000円の商品を1個売るのと、1000円の商品を10個売るのでは労働時間が10倍変わってきます。出品、取引、発送の流れで物販をしていくことになると思いますが、その中で掛かる時間を最小限にするには、先ずは実働時間を減らすために高額な商品を仕入れする事がポイントです。
②商品を安売りしない
よくフリマサイトで見受けられるものとして、市場価格が4000円のものが何故か2000円や、それ以下で売られている事が多いです。市場価格よりも安くすることで早く売れるように値段を下げて売っていると思いますが、これが一番してはいけない事になります。誰かが4000円の商品を2000円で売ってしまうことによって、その市場(販売サイト)の商品価値を2000円にしてしまっているのです。商品価格が落ちると、そのあとから売る人たちが2000円で商品を売る事になり、いつかは2000円でも売れなくなる時が来て、更に価格を落とさなくてはいけない状況になってくるのが怖いところです。
③販売する販路で売れている商品を事前にリサーチする
これはどんな物販でも言えることになりますが、販売先で売れていない商品を仕入れても意味がありません。ラッキーパンチがあることもありますが、先ずは販売先で売れていることを確認してから仕入れをするのが大切です。これは物販の基礎になりますが、意外と解らずに0円だからという感覚で仕入れてしまっていることが多いです。
④ライバルが少ない商品を出品する
例えば、1日に10品売れている商品があるとします。リサーチをして、その商品を出品したからといって販売者の数が多いと意味がありません。1日に10品売れる商品でも販売者が1000人居るのと、10人居るのでは売れるスピードに大きな差が出てしまいます。1000分の1か10分の1、どう考えても10分の1の割合で売れる商品を仕入れた方がより回転率がよくなっていきます。

このポイントをおさせて、0円転売で儲かる商品の特徴をまとめると、以下の事を念頭にしていくと利益を伸ばしていくことができるでしょう。

まとめ

  • 基本的に高額な商品(最低でも4000円以上)であること
  • 販売市場のもともとの商品価格よりも高く売っている商品を仕入れること
  • 仕入れる時に販売先で売れている商品であること
  • 出品されている数が少ないが、ほぼ売れている商品であること